投稿キャンペーン

ポンポン島の一日 (2009.11.26-27)

ポンポン島は日本より1時間遅れて夜明けを迎えます。
丁度6時に水平線から朝日が昇ってきましたよ。
朝日が当る家のベランダ側です。
ここにサンデッキチィアーがあってお昼寝も出来ます。

ベランダの裏木戸を開けると、海への専用階段があり、そのままシュノーケルが出来ちゃいます。
ベランダには外シャワーがあり、海から上がってシャワーしてデッキチィアーでお昼寝ってことも・・・

朝食をとって、午前のダイビングに出かけます。
午前中の2本は近所の島まで20~30分くらいの遠征です。
この期間中はダイバーが二人だったのでボートの中はゆったりです。
器材を担ぐ時のアシストはもとより、マスクの曇り止めを塗ってくれたり、フィンをはかせてくれたり、至れり尽くせりのリゾートダイビング!!

お昼はポンポン島に戻ってきて昼食です。
この中央に位置するレストランを中心に左右にビラが10件くらいづつと、奥に向かって数件のビラが点在しています。
その奥にスタッフの寄宿舎や水タンク、畑など・・・
水上ビラは我々4人で3つを占有です。

このレストランはかなり広くて開放的です。
バーカウンターもあり、お酒も飲めます。
ビラにはTVはありませんがここには1台あって、外国の番組をやっています。(笑)
自家発電の電気、雨水を浄化した水道設備、衛星を利用してのインターネットが使えます。
バーカウンターのところに無線LANが設置されていて、レストラン内ではiphoneでメールやWebサイトを見ることが出来ます。これはすごい!!
iphoneでSkypeを使ってみましたが、衛星回線が細いせいか、会話がフォアンフォアンしてよく聞き取れないので断念。
少し遅いけどメールが使えるのは大いに助かりました。
そんなレストランで朝、昼、晩の食事を取ります。
ここに島に渡るとき同乗したフィリピン娘も働いています。

レストランに隣接してダイビングセンターがあります。
地図はちょっと見にくいのですが、中央の小さな島がポンポン島でそれを取り巻くように大小の島が見えます。
『ポンポン』とはこちらの言葉で『真ん中』を意味する言葉だそうです。
他の島の名前は覚えにくいけど、ポンポンは分かりやすいし、覚えやすいね。

レンタル器材も綺麗に揃っています。ここのリゾートが出来て2年と言うことで、みんな新品同様です。
ダイビング料金は国内とほとんど同じくらいに設定されています。
例えば1ダイブ(当然ボートね)150RM(リンギット:マレーシアの通貨)。
1RM=31円だったので、1ボートダイブで4650円。

ここのショップはマクロがお好き見たい・・・
今日もダイバーは二人で貸切です。

午後のダイビングから帰ってきて、桟橋を散歩していたら、ビラの使い心地は如何ですか? と声をかけてきたおじさん!
話してみるとこのリゾートのオーナーでした。
他にもリゾートを持っていて、2年前からここポンポンリゾートを開業したとのこと。
時々この島にもめぐってきているようだ。 そんな訳でちょっと記念撮影。

今の時期は雨季だそうでどうしても夕日に雲が付きまとう。
それでも今日の夕焼けは綺麗だ。赤道の向こう側に沈んでいくのだろう。

夕食は午後7時からとなっています。その前にお酒タイムです。
doraママや友人ご夫婦は用意した免税酒やおつまみで・・・

ほろ酔い気分で夜の桟橋をわたってレストランへ。

食事はバイキングスタイルで、デザートに果物やケーキもつきます。
マレーシアではタイガービールがメジャーなビールらしい。当然それも頂きます。
結構ゆっくり、飲んだり、食べたり、おしゃべりしたりで夜はふけていきます。

リゾートダイブはまだまだ続きます。・・・・

■  [PR]
by horieminoru | 2009-12-05 18:35 | ダイビング | Comments(6)
Commented by こじまん at 2009-12-06 01:26 x
ベランダからそのまま海へシュノーケル!なんてこったです。食事は口にあいますか?リゾートホリデーサイコーですね。
Commented by ぼちぼち at 2009-12-06 10:32 x
ベランダから飛び込むと頭を打つのでご注意を!!
水深は腰くらいですから・・・
桟橋の杭の周りにはさかながいっぱい見られます。
カクレクマノミやエイ、ヘコヤガラ位大きなサヨリの小魚の捕食シーンなんかも見られますよ。

食事はゲストに合わせてくれたのか美味しいかったですね。
夕食にはマグロの刺身も毎回ついていました。
Commented by ruimama at 2009-12-06 15:04 x
なんとも贅沢な時間を過ごせたダイビングリゾートで羨ましい限りです。
1アイランド1リゾートはフィジーで経験しましたが、回りは日本人が沢山でした。
ねむりぶかは自家用発電等に大変興味津々でした。懐かしいなぁ。
朝バルコニーから海ごしに日の出、日の入り眺める贅沢は独り占め。
羨まし過ぎのぼちぼちさんです。
Commented by ぼちぼち at 2009-12-06 18:43 x
すごいでしょう!!
初めての経験です。
これが体験できるのは、お金ではなく、時間ですね。
時間がゆったり取れると、こんな贅沢が出来ます。
ちなみに金額は飛行機、滞在、ダイビング、全部入れても沖縄3泊4日の1.5倍くらいです。
それで7日間です。
往復移動に3.5日かかりますがね。
Commented by リエコ at 2009-12-08 00:38 x
家が海につながってるなんて夢のよう!!!!
時間ほしい・・・
Commented by ぼちぼち at 2009-12-08 09:52 x
>リエコ
めまぐるしく、大都会で働いている人には、ほんとに夢のような時間の過ごし方がそこにはありますよ。
問題は時間だね。 (笑)
<< ポンポン島の海 その2 (20... ポンポン島の海 その1 (20... >>