ポンポン島の海 その1 (2009.11.24・25)

私の家の前で・・・
お昼にポンポン島に到着して、午後1本ダイビングです。
水上ビラと船着場は桟橋で繋がっています。

船着場から見た水上ビラ。
5つある水上ビラのうち、3つを我々4人で使っています。
何とも贅沢な・・・

ダイビングをしない友人ご夫婦が見送り見来てくれましたよ。

午後のダイビングポイントは桟橋から100m位のところ。ボートに乗らなくてもエントリーできそうな場所です。
今日はちょっと透明度が悪かったけど、暖かで気持ちいいです。(気温31度、水温28℃)

ここでのダイビングスタイルは、1日3ボートで午前中に近所の島の近くで2本、お昼はポンポンリゾートで食事、午後はポンポン島の近くで1本。
タンクは12リットルのアルミです。そんな訳で空気の消費の激しい私でも1時間くらいはもちます。
ガイドのマイクは2段ベルトのBCを使っています。我々は8リットルアルミ用の1本ベルト、何ともバランスが悪い。

このポイントはマタキングリゾートの桟橋の近く。真っ白な砂が美しい。
この貝は生きています。貝殻の模様が綺麗なのはなぜでしょう?
沖縄ではこんな綺麗な模様は見られません。

桟橋の下はいい漁礁になっています。
なんと言っても驚いたのが、このギンガメアジ。
こんなに間近で見られるなんて・・・
その代わり流れが半端じゃない。桟橋の杭にしがみついていないと大変な事になりそう。
ヘコアユも半分流されそうになっています。
オニダルマオコゼも色鮮やかで白い砂によく映えています。

ここは休憩後の2本目のポイント。

近くの無人島で休憩です。ぴったり1時間休憩。ダイビング時間、水深、休憩時間、しっかり安全管理がされています。
どの方向に向いても絵になる風景ばかり。初めての経験です。

午前中2本潜って、ポンポン島に戻ってきました。5つあるビラのうち、右から2つ目が私専用のおうちです。こんなおうちに泊まるのは初めてです。何とも贅沢なダイビング!!!

昼食の後は桟橋の近くで3本目。桟橋に繋いだボートの上で器材をセットして、そのままドボン! こんなボートダイビングのやり方もありです。
ここ、ポンポン島はマクロが売りのポイントだそうでそれもうなづけます。
まあ、ガイドがマクロ好きなのかもしれませんが・・・
一生懸命に指示棒で指してくれるので・・・・
一緒に行ったdoraママにはたまらない所みたいです。

次回はここリゾートでの生活ぶりをお伝えしましょう。


■  [PR]
by horieminoru | 2009-12-02 14:18 | ダイビング | Comments(6)
Commented by こじまん at 2009-12-02 20:07 x
なんとまーどこにたってはるんですか!海ー癒しですーおうちの中もみたいです~!
Commented by ぼちぼち at 2009-12-02 22:02 x
赤道の近くで立ってみました。
お昼には太陽が真上にあります。

お家の中はそのうちね。
Commented by doraママ at 2009-12-03 09:28 x
つい先日なのに懐かしいですね~。
マキタング島の流れを思い出します。必死で橋げたにつかまっていましたから。ぼちぼちさんのカレントフック(?)が羨ましかったことを覚えています。
Commented by ぼちぼち at 2009-12-03 10:11 x
>doraママ
滞在気分が 抜け切れません!
あのギンガメポイントは印象的でした。

カレントフック作っておきますね。(笑)
Commented by chiemi at 2009-12-05 15:05 x
ぼちぼちさ~ん!お元気ですか~!doraママさんも!ポンポン島にお越しくださいましてありがとうございました。たくさんお話させていただいて楽しかったです。ブログでポンポンをご紹介いただいてありがとうございます。次の更新も楽しみにしておりますーーー!
Commented by ぼちぼち at 2009-12-05 15:51 x
>ジミーさん
1時間の時差ですが、温度差は20度以上あります。
帰ってからも、風邪も引かずに頑張っていますよ。
お蔭様でゆっくりさせてもらいました。

イントラのマイクがchiemiさんのことをジミーさん、ジミーさんというもので最初は誰かとしばらく考えてしまいました。
そんな訳でchiemiさんは我々の中ではジミーさんで通っています。

しばらくは日本語の聞けない世界に戻ったのでしょうか?
日本語を忘れないように、時々ここに遊びに来て下さい。
リンク集にある「がじゅまる会」がダイビング仲間の掲示板になっています。
名前 :
URL :
削除用パスワード 
<< ポンポン島の一日 (2009.... ポンポン島への行き方 (200... >>