ダイビングと趣味の世界


ダイビングと趣味の世界
by horieminoru
カテゴリ
リンク集
最新のコメント
>しのさん なるほど、..
by horieminoru at 21:08
『下地探し専用工具』 ..
by くまのみ しのさん at 18:25
.しっかり反省か.意をし..
by ぼちぼち at 21:07
楽しかったですね~~ ..
by クラプトン at 10:34
エリア限定でのサイクリン..
by ぼちぼち at 14:49
楽しかったなぁ・・・・ ..
by クラプトン at 10:48
>しのさん 水中の笑顔..
by ぼちぼち at 21:14
お疲れ様でした! ..
by くまのみ しのさん at 19:06
暑い日が続くと海に入りた..
by ぼちぼち at 21:12
早く沖縄に行きたくなりま..
by クラプトン at 08:45
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイドランキング
マリンスポーツランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

雨水タンク交換 DIY(2)

雨水の取り入れ口に「雨降り始めの砂埃除去装置」を作ってみました。



塩ビパイプの継ぎ手をいろいろ加工して・・・


雨の降り始めはまっすぐ下のほうに流れるように



この筒の中にペットボトルを入れます。安定を良くする為にペットボトルに少し水を入れておきます。
ペットボトルが落ちないように銅の針金で留めます。


ペットボトルを入れたパイプは75mmその外側に100mmのパイプをかぶせて固定します。


100mmパイプは1300mmの長さです。ここに雨の降り始めの水が溜まる仕組みです。
このパイプの底の部分に小さな穴を開けておき、ぽたぽた水が漏れるようにしておきます。
晴れている間このぽたぽた水を流して次の雨までにパイプの水を抜く仕掛けです。
時々底の蓋を開けて中の泥を取り出します。


今日の雨で様子を見ると、うまく運用できているみたいです。タンクにも順調に水が溜まっています。


今日は一日中雨で夕方には満タンになりました。
これで思う存分水が使えます。

次はタンクの水位計を考えなくては・・・



■  [PR]

# by horieminoru | 2015-08-26 17:56 | カーペンター(大工) | Comments(0)

雨水タンク交換 DIY(1)

今まで370リットルの電気温水器のタンクと太陽熱温水器の200リットルタンクを繋いで570リットルの雨水タンクで運用していましたがタンクの水位が1/3位までしか上がらない。
いずれのタンクも古い廃棄品をとって置いて作ったのですが、いよいよどこか水漏れしているようです。


太陽熱温水器のほうのタンクのカバーをはずしてみると、ひび割れを発見。手で触ると簡単に割れる。
ポリエチレンのタンクですが保管時代に日に当たっていたのかもしれません。紫外線で劣化していました。
補修も検討しましたがポリエチレンの接着はかなり難しそうですし、全体にもう寿命でしょう。

使っていない370リットルのもう一台の温水器のタンクと交換する事にします。




タンクを乗せる台をこれまた廃材のCコを溶接で繋いで、ペンキを塗って・・・・



水を抜いたタンクはそれほど重くは無いのですがガタイが大きいため運ぶのが一苦労。
乳母車の車輪をバンドで固定して、これで楽々一人で動かせます。


狭い場所に引きずり上げて。


ぴったり乗っかりました。


実はタンク上部が軒先に当たってしまうので軒先を少しカット。

これでタンクの交換はひとまず完了です。740リットルの雨水タンクが出来上がりました。

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-08-26 17:30 | カーペンター(大工) | Comments(0)

バイク用スロープをDIY

Cコの廃材を加工して20cm位のガレージ床の段差を埋めるバイク用スロープを作ります。

切断機で切って錆を落として・・・・



現場あわせです。

仮に合わせてみます。緩やかなスロープで100kgを超えるバイクもこれなら楽に押して上がれそう。


先日新調した半自動溶接機を試して見ます。以外とばっちりと着きます。
この鉄材は厚みが1mm位なので今までのアーク溶接だとすぐに穴が開いてしまいました。
この半自動溶接機では電流値を4段階に切り替えられるので便利です。溶接ワイヤーは0.9mmを使用。
ワイヤーが細いので消耗が激しいですが、穴の開くストレスが無い分楽チンです。
溶接機を買い換えて大正解でした。 (笑)

設置してみます。

錆止めのシャーシブラックを2缶使ってしまいました。特に裏側を入念にスプレー。

完成です。



スロープ部分は取り外せるようにしています。土台部分に隙間を作ってそこにスロープの端が挟み込まれるように鉄板を取り付けています。
■  [PR]

# by horieminoru | 2015-08-17 10:21 | カーペンター(大工) | Comments(0)

ルーターテーブルをDIY (2)

テーブルソー周りを作業しやすいようにいろんなアタッチメントを付けてみました。


まず、折りたたみ式の追加テーブルです。大きな板を切るときに押し出した先で板を受け止めてくれます。


これは結構便利で、安心して押し出せます。
追加テーブルは本体テーブルより数ミリ低くしてあります。これで引っかからずにスムースに材料が動きます。



合体したルーターと丸ノコ。コンパクトに収まりました。


次にルーターのガイドをつけます。


削りかすの吸出し口を設けます。以前ルーターを単体で使っていた時、削りかすで周りが埃だらけになり後掃除がたいへんだった思いがあります。



ルーターガイドをテーブルソーのテーブルに固定する金具をつけます。
幅を10cm位取っているので平行移動がやり易い。



このホースを介して以前にDIYしたサイクロン集塵機につなげています。
試運転はまずまずで削りかすがほとんど出ません。
きれいな環境で作業が出来そうです。


最後に小物を片付ける引き出しをDIY。
ルータービットをしまう中敷。


ルーターガイドをしまう箱。


ルータービットとスパナをしまう引き出し。


オイルステンで板の保護着色をして・・・・


完成です。

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-07-26 10:39 | カーペンター(大工) | Comments(0)

ルーターテーブルをDIY (1)

テーブルソーの穴を利用してルーターを取り付けてみました。
1台のテーブルソーで丸のことルーターが使えるようにします。


テーブルソーをひっくり返して、穴の回りを平らにします。



ルーターのテーブル部分をばらして中にあるスプリングをはずします。
このテーブル部分をテーブルソーの裏側に固定して2本のスライドシャフトはそのまま活かすようにします。


仮止めしてみると、ルーターを上下させるとテーブルソーの台形の箱部分に当たってしまいます。


当たる部分を穴を開けます。強度的には問題ないでしょう。


壊れたシャコ万力を活用してルーターリフトを付ける事にします。



シャコ万力の押さえがね部分をルーターテーブル側に鉄板を加工した留め金で固定。
これでバックラッシュも抑えられます。
もう片方をルーター本体に固定して、まわす棒を短く切って、ナット止め。


これでリフトを一番上げた状態でテーブルの上からビットの交換が出来ます。
ルーターリフトは手動式ですが、微調整がしやすく仕上がりっています。

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-07-26 10:06 | カーペンター(大工) | Comments(0)

6月の海

石垣島マンタシティー。
シルエットがきれいでしたよ。
ビデオの最後のあたりにシュノーケルで見物しているシルエットも (笑)


■  [PR]

# by horieminoru | 2015-07-01 15:33 | ダイビング | Comments(0)

SAABドライブシャフトブーツ交換



前回の車検の時、ドライブシャフトブーツのアウト側小径の部分に亀裂が見つかって、部品入手が困難なため整備工場で応急処置により車検を通した経緯があります。
その後その整備工場に部品を依頼、部品入手後交換をする手はずでしたが整備工場から何の連絡もありません。
タイヤ交換のときチェックしたら、完全に千切れていました。
そこで今度は自分で交換することにします。
なんせ製造終了の外車(SAAB平成12年製 型式:GH-EB205)のため交換部品を手に入れるのは無理だったので、作業のしやすい分割式の互換部品をネットで購入。

ドライブシャフトの小径と大径それに長さや蛇腹の山の数など一番近いものを購入したつもりが・・・・・・

大径の寸法計測をミスりました。数mmなら何とか力ずくでと思いましたが、かなりずれています。
実物での計測をしっかりやらないとこんな目に・・・・
3500円の授業料と気を取り直し、再購入。


今度は樹脂製の分割式ブーツです。

このブーツは分割部分に接着剤を塗って止め、ホッカイロみたいなので暖めて完全に接着させる方式でした。

今度はきれいに取り付けることが出来ました。

ハンドルを切ってもこのとおり。

レアものの外車の場合、交換部品調達がなかなか難しいようです。
そのため整備工場に出しても時間も掛かるし、整備費用もかさみます。
金は無いけど時間のたっぷりある私のようなスローライフ向けの車といえそうです。  (笑)
■  [PR]

# by horieminoru | 2015-05-19 11:15 | カーペンター(大工) | Comments(0)

床の修理

日のあたるところがかなり痛んできました。
ニスを塗ったり、修復用のパテもあるようですが、思い切って張り替えることにしました。


張替えといっても痛んでいる窓側60cmまでです。

剥がすのが一苦労です。バールやら皮すきやら・・・・
根太のところには釘が打ってあるし接着剤も付いていて。

床材は1.2坪分購入。6000円也。

先の職人さんに習って根太ごとに接着剤と釘でしっかり固定。
浮き上がりも無くきしみもありません。床材の色合いがぴったり同じとはいきませんが割合きれいに仕上がりました。  (笑)
■  [PR]

# by horieminoru | 2015-04-26 21:34 | カーペンター(大工) | Comments(0)