ダイビングと趣味の世界


ダイビングと趣味の世界
by horieminoru
カテゴリ
リンク集
最新のコメント
>しのさん なるほど、..
by horieminoru at 21:08
『下地探し専用工具』 ..
by くまのみ しのさん at 18:25
.しっかり反省か.意をし..
by ぼちぼち at 21:07
楽しかったですね~~ ..
by クラプトン at 10:34
エリア限定でのサイクリン..
by ぼちぼち at 14:49
楽しかったなぁ・・・・ ..
by クラプトン at 10:48
>しのさん 水中の笑顔..
by ぼちぼち at 21:14
お疲れ様でした! ..
by くまのみ しのさん at 19:06
暑い日が続くと海に入りた..
by ぼちぼち at 21:12
早く沖縄に行きたくなりま..
by クラプトン at 08:45
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
ハンドメイドランキング
マリンスポーツランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

ルーターテーブルをDIY (2)

テーブルソー周りを作業しやすいようにいろんなアタッチメントを付けてみました。


まず、折りたたみ式の追加テーブルです。大きな板を切るときに押し出した先で板を受け止めてくれます。


これは結構便利で、安心して押し出せます。
追加テーブルは本体テーブルより数ミリ低くしてあります。これで引っかからずにスムースに材料が動きます。



合体したルーターと丸ノコ。コンパクトに収まりました。


次にルーターのガイドをつけます。


削りかすの吸出し口を設けます。以前ルーターを単体で使っていた時、削りかすで周りが埃だらけになり後掃除がたいへんだった思いがあります。



ルーターガイドをテーブルソーのテーブルに固定する金具をつけます。
幅を10cm位取っているので平行移動がやり易い。



このホースを介して以前にDIYしたサイクロン集塵機につなげています。
試運転はまずまずで削りかすがほとんど出ません。
きれいな環境で作業が出来そうです。


最後に小物を片付ける引き出しをDIY。
ルータービットをしまう中敷。


ルーターガイドをしまう箱。


ルータービットとスパナをしまう引き出し。


オイルステンで板の保護着色をして・・・・


完成です。

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-07-26 10:39 | カーペンター(大工) | Comments(0)

ルーターテーブルをDIY (1)

テーブルソーの穴を利用してルーターを取り付けてみました。
1台のテーブルソーで丸のことルーターが使えるようにします。


テーブルソーをひっくり返して、穴の回りを平らにします。



ルーターのテーブル部分をばらして中にあるスプリングをはずします。
このテーブル部分をテーブルソーの裏側に固定して2本のスライドシャフトはそのまま活かすようにします。


仮止めしてみると、ルーターを上下させるとテーブルソーの台形の箱部分に当たってしまいます。


当たる部分を穴を開けます。強度的には問題ないでしょう。


壊れたシャコ万力を活用してルーターリフトを付ける事にします。



シャコ万力の押さえがね部分をルーターテーブル側に鉄板を加工した留め金で固定。
これでバックラッシュも抑えられます。
もう片方をルーター本体に固定して、まわす棒を短く切って、ナット止め。


これでリフトを一番上げた状態でテーブルの上からビットの交換が出来ます。
ルーターリフトは手動式ですが、微調整がしやすく仕上がりっています。

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-07-26 10:06 | カーペンター(大工) | Comments(0)

6月の海

石垣島マンタシティー。
シルエットがきれいでしたよ。
ビデオの最後のあたりにシュノーケルで見物しているシルエットも (笑)


■  [PR]

# by horieminoru | 2015-07-01 15:33 | ダイビング | Comments(0)

SAABドライブシャフトブーツ交換



前回の車検の時、ドライブシャフトブーツのアウト側小径の部分に亀裂が見つかって、部品入手が困難なため整備工場で応急処置により車検を通した経緯があります。
その後その整備工場に部品を依頼、部品入手後交換をする手はずでしたが整備工場から何の連絡もありません。
タイヤ交換のときチェックしたら、完全に千切れていました。
そこで今度は自分で交換することにします。
なんせ製造終了の外車(SAAB平成12年製 型式:GH-EB205)のため交換部品を手に入れるのは無理だったので、作業のしやすい分割式の互換部品をネットで購入。

ドライブシャフトの小径と大径それに長さや蛇腹の山の数など一番近いものを購入したつもりが・・・・・・

大径の寸法計測をミスりました。数mmなら何とか力ずくでと思いましたが、かなりずれています。
実物での計測をしっかりやらないとこんな目に・・・・
3500円の授業料と気を取り直し、再購入。


今度は樹脂製の分割式ブーツです。

このブーツは分割部分に接着剤を塗って止め、ホッカイロみたいなので暖めて完全に接着させる方式でした。

今度はきれいに取り付けることが出来ました。

ハンドルを切ってもこのとおり。

レアものの外車の場合、交換部品調達がなかなか難しいようです。
そのため整備工場に出しても時間も掛かるし、整備費用もかさみます。
金は無いけど時間のたっぷりある私のようなスローライフ向けの車といえそうです。  (笑)
■  [PR]

# by horieminoru | 2015-05-19 11:15 | カーペンター(大工) | Comments(0)

床の修理

日のあたるところがかなり痛んできました。
ニスを塗ったり、修復用のパテもあるようですが、思い切って張り替えることにしました。


張替えといっても痛んでいる窓側60cmまでです。

剥がすのが一苦労です。バールやら皮すきやら・・・・
根太のところには釘が打ってあるし接着剤も付いていて。

床材は1.2坪分購入。6000円也。

先の職人さんに習って根太ごとに接着剤と釘でしっかり固定。
浮き上がりも無くきしみもありません。床材の色合いがぴったり同じとはいきませんが割合きれいに仕上がりました。  (笑)
■  [PR]

# by horieminoru | 2015-04-26 21:34 | カーペンター(大工) | Comments(0)

珪藻土壁にリフォーム

築30年近くになると家の中もいろいろ問題が出てきます。雨漏りでしみの出来た天井や壁をリフォームです。


壁紙をはがしてみると石膏ボードにカビが・・・

石膏ボードをはがして天井裏の断熱材を取り出すと、中は意外ときれい。


剥がした所だけですが、新しい断熱材に入れ替えました。

たたみ1枚分の石膏ボードを張るのですが、これが結構重くてたいへん。
数人で押さえて貰えば簡単かもしれません。
一人作業はいろいろ工夫が必要です。
天井の高さに合わせたつっかえ棒を作って少しづつずらせながらはめ込んでいきます。

きれいに収まりました。

珪藻土は粉状の物を購入して、水を入れてこねます。マヨネーズくらいの硬さが良いとのことです。
感覚的にはマヨネーズよりもう少し薄いほうが扱いやすいです。その代わり天井を塗る時は垂れて来るのでちょっとしたコツが必要ですね。半分くらい塗ってそのあたりを習得。

エアコン回りは養生をしてと・・・
狭いところをこてで塗るのはたいへんです。細長い板をこて代わりに使ったり、台所で使うスポンジで塗ってみたり・・・

天井を塗るのに丸1日、壁周りで1日掛かりました。
25平米位の居間ですが、珪藻土は9坪分くらい使ってしまいました。


延べ日数5日くらいで完成です。素人のこての跡がなんとも味があるでしょう。(笑)

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-04-13 17:37 | カーペンター(大工) | Comments(0)

廊下の手すりをDIY


2Fの廊下に手すりをDIYしました。
家を建てたときから手すりが無かった。今思えば設計ミスか大工さんが付け忘れたか??
階段に手すりをつけた延長でこの廊下にも今後のため(老後に備えて)に手すりをつけることにしました。
鉄製でステンレスのワイヤーで柵をつけたちょっとモダンな(?)作になっています。 (笑)


足場用の単管パイクを90cmに切り、床に取り付ける鉄板を溶接します。
直角の磁石や水平器を駆使して溶接を試みますがなかなかぴったりと垂直は出ません。
ある程度のところで妥協です。


単管パイプにワイヤーを通す穴を開け、上部の手すり部分を取り付ける部材も溶接して・・・



ワイヤーの両端にボルトを半田付け。




袋ナットで留めることにします。


塗装して支柱部材の完成です。


ついでに取り付けねじも塗装しました。ダンボール紙の波穴に差し込んで。



手すりの板にはオイル塗料を刷り込んで・・・  板は節無しのレッドシダーを・・・


片方は床と壁に固定。これでワイヤーを張っても歪むことなくしっかりと納まります。
壁部分に取り付ける部品を直角に曲げるのに前回自作したベンダープレスが役に立ちます。


完成です。
木部の茶色と鉄部の白がいい感じですね。 (笑)
余っていた単管パイプとは思えない出来です。

これで一連の手すりをつけるリフォームは終わりです。

■  [PR]

# by horieminoru | 2015-03-20 20:50 | カーペンター(大工) | Comments(0)

ベンダーツールDIY

鉄板を曲げる道具を自作。

12mmの鉄板を2枚繋いで土台にします。(幅広い鉄板が手に入らなかったので苦肉の策です。)
プレスする刃の部分の両側に16φの鉄パイプ(ガス管の切れ端を再利用)を溶接。


土台鉄板に16φの鉄棒を垂直に溶接して、プレスのメス側は3mm厚のLアングルで補強します。


何度やっても溶接がきれいに仕上がりません!!
丈夫さ優先で・・・



刃をセットして、スライド部分にスプリングを入れておきます。


12tのガレージプレスで使います。


4.5mmの鉄板を試し曲げ。



きれいに90度に曲げることが出来ました。

ガレージプレスも車の改造の時に使って以来出番が無かったのですが、これでまた鉄板の工作時に活用できそうです。 (笑)


■  [PR]

# by horieminoru | 2015-03-09 11:25 | カーペンター(大工) | Comments(0)