車速センサーDIY

改造電気自動車の車速センサーが壊れたので自作することにしました。
古い軽自動車を改造したので、もともと車速センサーがはじめから付いていませんでした。
カーナビを付けた時にナビの動きが3分毎にしか動かないので後付のセンサーをスピードメータの回転ワイヤー部分に取り付けるタイプのものを付けていました。

これが1年半で壊れました。真ん中の回転軸に突起が出ていてリンクされているのですがその突起の部分は擦り切れて空回りをしていたようです。まあ安い部品だったので仕方がないかと・・・
しばらくメーターも動かない状態で走っていましたが、そろそろ車検の時期が来たので何とかしなくては・・・


回転軸にマグネットを取り付けてホール素子でパルスを作り出そうと、調べていたらホールラッチ素子「US1881LUA」を見つけました。マグネットのN極でHiになりそれを保持していて、S極でLoになり次のN極が来るまで保持するという素子です。


ドライブシャフトに交互にマグネットを4個取り付けます。


回路図です。いたってシンプル。


ドライブシャフトブーツのステンレスバンドの左側にマグネットをまきつけています。保護のため表面に自己融着手ーをを貼り付けました。
少し赤く見える部分がセンサー部分です。この内部にホール素子と抵抗が2本入っています。防水用にシリコンでシールド。奥に見るのが動力の5.96KWのモーターです。

フロントバンパーのしたから覗くとこんな感じです。


せっかく車速センサーを自作したので、これを使ってスピードメーターもDIY。
ブルーのデジタル表示が素敵でしょ!!
デジカメで撮ると7セグがきれいに撮れません。まあ仕方ないですね。このデジタル表示は「31」を表示しています。アナログメーターとぴったり合っているのが気持ちが良いですね。
カーナビも時々刻々と動いています。
今までは車を単に移動の手段に使っていましたが、いろいろDIYしていると愛着がわいてきて走ることを楽しむような感覚になってきましたよ。始めて車を持った時のように・・・


■  [PR]
# by horieminoru | 2014-04-21 18:05 | カーペンター(大工) | Comments(0)

ビニールハウスの修理

3月の大雪でビニールハウスが雪の重みで真ん中からぺちゃんこに潰れました。

もうずいぶん古いものでパイプも錆錆でそろそろ寿命かと思っていたのですが・・・


使えそうなパイプを再利用して農機具を入れる物置に変身させました。

■  [PR]
# by horieminoru | 2014-04-21 17:19 | 農園 | Comments(0)

雨水利用

雨が降ると楽しくなる時もあります。
廃物をリサイクルして雨水利用システム(笑)が完成しました。

タンク完成後今日始めて雨が降りました。
水位計兼用の配管を通して勢いよく水が入っていく様子は嬉しくなります。

このタンクは電気温水器の廃品で以前電気屋さんからもらったものです。
丸窓のところに電気ヒーターが付いていました。ここから水漏れして交換したときの引き取り品でした。
ヒーターをはずしてアクリル板で穴をふさいで、周りを覆っていた断熱材と外カバーをはずすときれいなステンレスの370リットルタンクの完成です。
このタンクの後に昔使っていた太陽熱温水器の200リットルタンクを取り付けてあります。
合計570リットルの雨水システムです。
ソーラーパネルの下に設置して60平米のパネル屋根に降った水を集めています。

ヤフオクで入手した水道メーターを付けてみました。中古なのでこのシステムでのスタートが2233㎥。
蛇口をひねると真ん中の風車が気持ちよく回ります。

これも廃品のシンクを磨き上げてガレージの洗い場に。蛇口も廃品です。蛇口のクロームメッキの汚れはカナダワシで擦ると綺麗に甦ります。

屋外のトイレです。
古いのが転がっていたので上に穴を開けて水洗にしてみました。
最近下水道が完備されたのでこのまま下水に流しています。

ガーデニングおよび洗車用の蛇口です。
この蛇口をカナダワシで磨いていたら、メッキが剥げてきました。
その為ヤスリでメッキを全部はがすと綺麗なブロンド色に・・・
枕木の栓柱によく似合います。

今日の昼間の雨でタンクの1/3位水がたまっていす。
今夜は大雨の予報。明日の朝にはたぶん満タンになっていることでしょう。
これで雨降りも楽しくなってきました。(笑)

■  [PR]
# by horieminoru | 2014-03-13 21:36 | カーペンター(大工) | Comments(2)

いつの間にか

寒い日が続いていますが、植物は着実に春が近いことを感じ取っているようです。

いつの間にか枯葉を押しのけて水仙が咲いていました。
素朴なこの日本水仙が好きですねえ。


紅梅もやっと一輪咲き始めているのを発見です。
もうそろそろ暖かくなってほしいものです。
今日は啓蟄!!

■  [PR]
# by horieminoru | 2014-03-06 21:21 | 記念写真 | Comments(0)

これも再生可能エネルギーか?

今年もペーパーログを作る季節になりました。
薪の入手がだんだん難しくなってきて、身近にある資源の活用です。
去年までペーパーログを作るのに一番手間が掛かっていた新聞紙を細かくちぎる作業を機械化してみました。

ペール缶にディスクグラインダーを取り付けます。

砥石の替わりにナイロン刃の草刈機の先端部分を取り付けます。
取り付けねじの径が合わないので適当な調整リングを付けてあわせます。
これで10,000回転のペーパーシュレッダーになります。

ペール缶の中央に穴を開けておくとここから千切れた新聞紙が勢いよく出てきます。
緑色のネットで受け止め下のバケツにたまるようにしています。

新聞紙、チラシ、雑誌などもきれいに千切れます。
資源ごみがエネルギーに再生されようとしています。

水を加えて攪拌するといい感じの紙粘土状態に・・・

今年はここで添加物を入れることに。
庭木を剪定した時の小枝をガーデンシュレッダーでチップ状にしたものをふるいにかけて細かいものだけを取り出して使います。
写真は竹ですが、このほかに松葉や椿などもあります。
火力に違いが出るか?



後はプレスしてレンガ状のものを乾燥させて燃料にします。
新聞紙など紙類が添加物の接着剤の役目を果たしています。
添加物が多すぎるとプレスしてもくっつきが悪くきれいに成型できません。
添加物50%位が一番良いような感じです。

新聞紙100%のペーパーログより火力があります。灰も少ない感じがします。
松の添加物はよく燃えますねえ。
植物は毎年成長しますし、これもひとつの再生可能エネルギーになるのではないかと・・・

暖房費の自給自足がちょっと出来そうな予感です。 
■  [PR]
# by horieminoru | 2014-01-11 21:57 | カーペンター(大工) | Comments(4)

電池推進船「らいちょう1」に試乗


東京海洋大学が実験研究中の電池推進船「らいちょう1」に乗ってきました。
越中島キャンパス内のポンドに優雅に係留されていた。

改造電気自動車を作った経験から、構造仕組みは理解できるが、さすがに大学の研究開発船ということで急速充電のコントロールとバッテリーマネージメントシステムなどの制御システムがすばらしい。リチュウムイオン電池のセルごとの電圧のばらつきを自動修正させるシステムなどはうらやましい限りだ。
私のEVの場合、時々30個のセルを1個づつスターで測定して、電圧の低いセルを個々にローカル充電している。 (汗)


音も無く桟橋を離れると、べたなぎの水面を走り出す。東京は網の目のように運河が広がっており、また橋がいっぱいあるので上を気にしたり左右の運河を気にしたり忙しい。
少し操舵輪を握らせてもらった。5ノット位の微速前進で川遊びにはちょうどいい船だった。




小一時間のクルージングでバッテリー残量が50%。帰港すると早速急速充電。


電池推進船「らいちょう1」の桟橋の隣には全天候型の救命艇が・・・
訓練施設がここにしかないと言う事で、大型タンカーの乗組員などが取り扱いの練習をここでやっているそうです。


■  [PR]
# by horieminoru | 2013-11-22 22:39 | 記念写真 | Comments(0)

ガレージにロフトを付ける

ガレージを改装中です。
ソーラーパネルの下にガレージをDIY中!!

タイヤの保管用にロフトを作りました。
タイヤを引き上げるのにウインチを付けて省力化を図っています。


ウインチを横向きに付けて滑車で引き上げます。
滑車取り付けようのアイを数箇所付けておいていろんな所から利用できるようにしています。
H鋼を付けてトロリーにする方法も検討しましたが、かなり重くなるのでこの方法にしました。


タイヤはこんな風に吊り上げます。
このウインチは100Kgまで使えます。
タイヤはかなりガサバリます。ロフトに保管することで下が広く使えますね。


■  [PR]
# by horieminoru | 2013-10-30 18:15 | カーペンター(大工) | Comments(0)

マグロの編隊飛行

9月に行った、沖縄慶良間諸島(男岩)で磯マグロの編隊飛行に遭遇。
きびなごを追って縦に横に見事な編隊飛行を披露していました。
どれが隊長なのか?やっぱり先頭のマグロかなあ?

■  [PR]
# by horieminoru | 2013-10-20 16:37 | ダイビング | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >