ダイビングと趣味の世界

umi07.exblog.jp

ダイビングと趣味の世界
カテゴリ
リンク集
最新のコメント
頑張って!!
by horieminoru at 09:48
コメントありがとうござい..
by ウガリ at 09:28
訪問、ありがとうございま..
by horieminoru at 21:39
はじめまして。 プレス..
by ウガリ at 09:25
古い記事を探してくれてあ..
by horieminoru at 20:39
こんにちは、初めまして。..
by R at 17:15
>しのさん なるほど、..
by horieminoru at 21:08
『下地探し専用工具』 ..
by くまのみ しのさん at 18:25
.しっかり反省か.意をし..
by ぼちぼち at 21:07
楽しかったですね~~ ..
by クラプトン at 10:34
以前の記事
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

GoPro用リモートレリーズDIY

GoProを写真モードで使う時、ハウジングをつけたままだとシャッターボタンが硬いのでどうしても手振れを起こしてしまう。
特に水中で使う時それが顕著に出てしまう。
連写モードやタイマーモードもあるけれど、やっぱり写真は撮りたい時がシャッターチャンス!!
水中ではリモートシャッターも使えないので、メカ式のリモートレリーズをDIYすることにします。

b0093050_14582648.jpg

10mmのアクリル板の端材があったのでそれで固定枠を作ることにします。
ワイヤーレリーズは市販のものを購入。アダプタのねじは今回使いません。

b0093050_14582377.jpg

コの字にアクリル板を加工して、シャッターボタンの上にリモートレリーズの先端を取り付けるのですが、この先端はテーパーねじ。
テーパーネジ用のタップはないし・・・・・
アクリルの取付位置に小さな穴を開け、ドライヤーで熱しながらテーパーネジ部分をねじ込む。
アクリルは加工しやすくて熱で結構やわらかくなりさめると固まる。テーパー部分5mm位をねじ込んで、雌ねじを完成させることが出来ました。

b0093050_1458209.jpg

GoProのハウジングに取り付けて完成です。
コの字型の枠は単に横からはめ込んでいるだけなので、手で押さえておかないとシャッターを押した時ずれそう。
この固定方法が今後の課題ですね。
とりあえずこれで水中でテストしてみましょう。
[PR]
# by horieminoru | 2016-04-28 15:22 | カーペンター(大工) | Comments(0)

表札を作ってみました。

b0093050_2014789.jpg

パソコンで文字を書いてカーボン紙を使って木に転写します。

b0093050_2014885.jpg

彫刻刀で文字のふちを彫っていきます。肉太の中は彫らなくても大丈夫です。

b0093050_2014882.jpg

きめの細かいサンダーで表面を磨きます。この時カーボンが完全に消えるようにします。

b0093050_2014998.jpg

文字の部分に墨入れします。
結構にじむので肉太部分を先に書いてカットしたふちの部分は墨を付けすぎないように慎重に・・・・

b0093050_2014970.jpg

スプレーニスを数回に分けて噴き付け。

b0093050_2014698.jpg

門柱のタイルを1枚はがしてタイル用接着剤で貼り付けて完成です。

初めての挑戦でしたが、意外と簡単でそれなりの見栄えに出来ましたよ。 (笑)
[PR]
# by horieminoru | 2016-03-17 20:30 | カーペンター(大工) | Comments(0)

太枝切バサミの修理

b0093050_1559558.jpg

アルミダイキャスト製の太枝切バサミが壊れた。長く使っているので金属疲労かもしれない。
ハサミの刃はまだ使えるので修理することにします。

b0093050_160110.jpg

5mm厚の鉄板を壊れた蝶番部分と同じような形に切り出して、溶接したり穴を開けたりして・・・

b0093050_16044.jpg

少し重くなりましたが修理完了です。

b0093050_160823.jpg

これでまた小枝の薪つくりが続行できそうです。
[PR]
# by horieminoru | 2016-02-24 16:08 | カーペンター(大工) | Comments(0)

エコキュート小屋 (3/3)

b0093050_16155966.jpg

篠竹を切り出して扉のドレスアップに使います。

b0093050_1616324.jpg

b0093050_1616714.jpg

竹の止め材は焼き杉です。
防腐剤やペンキでもいいのですが自然素材の竹を使うので焼き杉のほうが似合うと思って・・・

b0093050_16161127.jpg

作業台の上で取り付けたので壁を張るときよりも楽でした。

b0093050_16161769.jpg

不ぞろいの端をきれいにカット。

b0093050_16163528.jpg

完成した全貌です。
左2/3がエコキュートが収まっています。

b0093050_16164112.jpg

右1/3のスペースにBBQ用の七輪とロケットストーブが収納できます。

b0093050_16164665.jpg

この小屋には電気も来ています。浄化槽用のエアーポンプも収納しているのでそれ用です。

b0093050_16165042.jpg

扉を閉めた状態。
竹は今は青いのですがしばらくすると薄茶色になってきます。
なんとなくこのあたりは和の様相ですね。
手前は50匹の金魚池。
(正確に勘定してませんが、金魚の数は30匹ぐらいのように思えます。  笑  )
[PR]
# by horieminoru | 2016-02-20 16:34 | カーペンター(大工) | Comments(0)

エコキュート小屋 (2/3)

b0093050_15513228.jpg

水切り材の板金加工です。
ハゼ折に便利なロータリーばった。

b0093050_15513646.jpg

このロータリーばったは長いハゼ折を作る時大いに役に立ちます。
結構愛用してます。

b0093050_15514174.jpg

幅6cmまで曲げられます。曲げ折は90度までですね。

b0093050_15514837.jpg

ハゼ折にするにはLアングルで作った金物にはさんで木槌でとんとん。

b0093050_1552320.jpg

軒下水切り⇒防水シート⇒ケラバ水切り⇒屋根材の順に貼っていきます。

b0093050_15521134.jpg

屋根ふきまで完成です。

b0093050_15525653.jpg

扉はつり戸車を使って、吊り下げ式にします。
これも廃材を加工して作ってみました。

b0093050_1553017.jpg

b0093050_1553431.jpg

基礎石に当たるところはカットしてゆれ防止の金具をつけて。

b0093050_1554093.jpg

ガス用の鉄管を加工して扉の止め鍵を作ります。
半自動の溶接機のおかげでストレスをあまり感じずに作業が出来ますね。

b0093050_1554432.jpg

2本作りました。

b0093050_1554948.jpg

シャーシーブラックを塗って取り付けです。
シャーシーブラックは錆止め材も入っていてスプレー缶なのでチョコチョコ使うには便利です。それに安い!!
扉は雨戸を2枚再利用です。
[PR]
# by horieminoru | 2016-02-20 16:14 | カーペンター(大工) | Comments(0)

エコキュート小屋 (1/3)

b0093050_15314098.jpg

エコキュートのお湯タンクの屋根部分がへこんで水が溜まるようになったので、タンク屋根を修理したついでに設備全体を小屋で囲うことにしました。
例によってこの工事も廃材を大いに活用して行います。

b0093050_15315463.jpg

屋根部分は廃材のコンパネです。軒先水切りを付けて・・・・

b0093050_15315883.jpg

これも余っていた防水シート。

b0093050_15322917.jpg

柱と屋根まで出来ました。

b0093050_1533181.jpg

杉板をバーナーで焼いて金たわしで磨きます。

b0093050_15332311.jpg

篠竹をまびいて・・・

b0093050_15332781.jpg

壁部分に貼り付けていきます。竹の押さえに焼き杉板を使います。

b0093050_15333135.jpg

破風取り付けビスはビスの頭を隠すカバーを付けてみました。

b0093050_15333813.jpg

側面の壁まで完成です。
[PR]
# by horieminoru | 2016-02-20 15:48 | カーペンター(大工) | Comments(0)

洗濯機リニューアル

まだ壊れていないけど少し大きめの洗濯機に買い換えました。
納品前にカタログの寸法図を見て、今までの洗濯機用防水パンの中に収まらない。

b0093050_10452929.jpg

これが今までの洗濯機。防水パンの前後がちょうど収まっています。

b0093050_1045299.jpg

そこでこの防水パンを半分に切って10cm幅を広げることに。
同じ厚さのベニヤ板を10cmにカットして・・・

b0093050_10453038.jpg

少し大きめのベニヤ板で上と底をサンドイッチにして補強。

b0093050_10452751.jpg

貼り付けは補修用のERP。以前使った残りで十分間に合いました。

b0093050_1045279.jpg

b0093050_10452725.jpg

ベニヤ板自身にもFRPを十分浸み込ませ、つなぎ目部分はグラスウールを貼り付けて・・・

b0093050_10453056.jpg

ところが今の季節気温が低いのでなかなか固まってくれません。
硬化剤は少し多めに入れて、日の当たるところで作業したのに・・・
2日後の納品に間に合うか????
そこで夜はストーブのそばで温めてみました。
一晩かけてようやく硬化。翌日は一日かけて窓越しの陽の当たるところで。

b0093050_10452821.jpg

新しい洗濯機が届きました。計算どおりぴったりです。
新品の防水パンはカタログ値で12000円。
DIYで端材と残り物FRPで材料費ゼロ円。工期丸二人日。

b0093050_10452985.jpg

洗濯機周りの棚もそのサイズに合わせて、リニューアル完了です。
[PR]
# by horieminoru | 2016-01-18 11:17 | カーペンター(大工) | Comments(0)

池を作ろうプロジェクト(3)

電気まわり

池のポンプはソーラーパネルで動かしています。
b0093050_18192194.jpg

正方形のパネル2枚です。1枚が90W、合計180Wのパネルです。

b0093050_18194812.jpg

これを100Ahのバッテリー2個を並列にして使用。
b0093050_18192764.jpg

ソーラーパネルのチャージャーです。
b0093050_1819242.jpg

もともとこのシステムは10KWのソーラーシステムのパワーコンディショナーの強制冷却ファン用につけたものです。左上の数字が温度コントロールモジュールでパワコンの排気温度が28度以上になると強制ファンが回るように設定していなす。
バッテリー容量がかなり余裕があるので、今回池のポンプにも活用することにします。

b0093050_18194437.jpg

12V仕様の池用ポンプがあまり無いのと高価なため、100V仕様のポンプにしてソーラーシステムにインバーターをつけてAC100Vを作っています。300W正弦波インバーターです。

b0093050_18194027.jpg

インバーターの電源スイッチをリモートを使って入り切りさせます。

b0093050_181912100.jpg

光センサーユニットを使って昼間だけスイッチが入るようにしています。

b0093050_18191746.jpg

スイッチボックスの中に光センサーユニットを組み込みました。
b0093050_18193039.jpg

スイッチボックスに目くら蓋をして動作ランプのとこに穴を開け外から確認できるように。
隣の丸いボックスのところから100Vを外に取り出しています。

b0093050_18193657.jpg

屋外コンセントをつけてここからポンプの電源を取っています。
電源がソーラーパネルシステムなので夜はポンプもお休みです。滝を見てくれる人もいないのでこれで良いでしょう。 (笑)
[PR]
# by horieminoru | 2015-12-31 19:32 | カーペンター(大工) | Comments(0)